オープンキャンパス、今年はウェブで 秋田高専が初めて開催

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
授業風景が映し出された大型モニターを見つめる参加者=秋田高専
授業風景が映し出された大型モニターを見つめる参加者=秋田高専

 秋田市飯島の秋田高専(植松康校長、843人)は8日、ウェブ会議システムを使った「遠隔オープンキャンパス」を初めて開催した。中学生ら150人以上が参加し、学生生活のイメージを膨らませた。

 この日は県内外の中学生らが、自宅や学校などから参加。一部は秋田高専の大講義室に集まり、モニター越しに参加した。

(全文 476 文字 / 残り 327 文字)