祖父たちの戦争(3)家族 沖縄で叫んだ曽祖父

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
利夫について紹介する1945年5月31日付の秋田魁新報
利夫について紹介する1945年5月31日付の秋田魁新報

 戦死した由夫、利夫について、祖父から詳しい話を聞いた記憶はない。

 彼らをじかに知る祖母も、詳しく話すことはなかった。祖母は戦中、戦後と、つらい思いをしたのだろう、とその心中を想像するしかなかった。

 2人の息子を亡くした曽祖父は、どう感じていたのか。

 秋田県在住沖縄県人会の元会長で、沖縄戦で亡くなった秋田県人の慰霊に尽力した宜野座(ぎのざ)通男さん(故人)の著書「千秋の塔」(1978年)に、曽祖父が利夫に宛てた手紙が紹介されていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1270 文字 / 残り 1052 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース