花咲徳栄のエース高森(象潟中出身) 5安打1失点完投

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
安打1失点で完投した花咲徳栄・高森=甲子園
安打1失点で完投した花咲徳栄・高森=甲子園

 2020年甲子園高校野球交流試合は10日、甲子園球場で開幕した。開会式に続いて、2試合が行われ、花咲徳栄(埼玉)と明徳義塾(高知)が勝った。花咲徳栄は一回に3点を先制。高森陽生(象潟中出)が5安打に抑えて完投し、大分商を3―1で下した。

 前例のない交流試合の開幕カード。花咲徳栄のエース、高森は「歴史に残る1試合。やっとこの舞台で投げられる」と高揚感を隠さず、5安打1失点で完投した。

 自然と気持ちが乗り「思った以上に球が走っていた」。一回は3者連続三振と最高の滑り出しだった。3―0の六回に失策で1点を失い、なお2死二、三塁。5番三代を直球で押して追い込んだが、ファウルで粘られる。

(全文 661 文字 / 残り 368 文字)