6月の経常黒字、86・6%減 新型コロナで貿易縮小

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京港に並ぶコンテナ=東京都品川区
東京港に並ぶコンテナ=東京都品川区

 財務省が11日発表した6月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は、前年同月比86・6%減の1675億円だった。黒字は72カ月連続。新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞により、貿易全体が縮小した。

 経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は773億円の赤字。輸出は25・7%減の4兆7930億円、輸入は14・4%減の4兆8703億円だった。旅行や貨物輸送を含むサービス収支は1577億円の赤字だった。

 海外投資で生じた利子や配当の動向を表す第1次所得収支の黒字は5・8%減の4264億円だった。