国民民主「分党」へ 緑川氏「まだ何も判断できない」

会員向け記事
お気に入りに登録

 国民民主党の玉木雄一郎代表は11日、記者会見し、党本部で開いた臨時執行役員会で、立憲民主党との合流への賛否を巡り意見集約ができなかったとして、賛成派と反対派で党を分割する「分党」を行う考えを表明した。来週にも両院議員総会を開き、分党の是非を諮る。玉木氏は、消費税減税など政策の不一致を理由に、合流新党への不参加を表明した。

 国民民主党が分党の方針を決めたことを受け、党秋田県連の緑川貴士代表(衆院比例東北)は自身の対応について「情報が少なく、まだ何も判断できない」と語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 475 文字 / 残り 237 文字)

秋田の最新ニュース