「太陽の塔」、パフェになった!? 岡本太郎展にちなみ考案

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市中通の喫茶店「ティールーム陶」で、芸術家岡本太郎氏がデザインした「太陽の塔」をイメージした「塔パフェ」=写真=を提供している。近くの千秋美術館で企画展「岡本太郎展 太陽の塔への道」が開かれていることにちなんで考案した。

 フロアリーダーの吉田朋子さん(45)によると、飾りのレモンで塔の顔を表現。岡本氏の名言「芸術は爆発だ」から連想してドン菓子を使ったり、アボカドやドライトマトを入れたりして「普通ではない感じ」に仕上げた。

 塔パフェは税込み760円。

(全文 315 文字 / 残り 86 文字)