手持ち花火楽しんで 秋田市の会社、母子支援施設に贈呈

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
手持ち花火を贈呈する深澤社長(左)
手持ち花火を贈呈する深澤社長(左)

 秋田市の不動産会社、東北物産は11日、同市川元小川町の母子生活支援施設・秋田聖徳会若草ハイムに純国産の手持ち花火40セットを贈った。

 深澤功社長が、同施設で佐々木真理所長に花火を手渡した。深澤社長は「子どもたちには、新型コロナウイルスを忘れて花火を楽しんでほしい」、佐々木所長は「施設内のイベントがコロナの影響でできなかった。子どもたちは花火を喜ぶと思う」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 302 文字 / 残り 118 文字)

秋田の最新ニュース