増田まんが美術館を核に誘客 文化観光促進法で初の計画認定

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市の地域計画で中核施設となる横手市増田まんが美術館
横手市の地域計画で中核施設となる横手市増田まんが美術館

 観光庁は12日、文化観光推進法に基づき、横手市増田まんが美術館を中核に文化観光を推進する横手市の計画など各地の計画10件を認定したと発表した。同法に基づく認定は初めて。今後、観光施設の多言語対応や海外への情報発信を国が支援し、地域への誘客を後押しする。

 横手市の計画は、観光客に市内を周遊してもらうため、地域の魅力を多言語で伝えられるボランティアガイドの育成などを盛り込んでいる。今後、国と協議した上で計画を進める。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1111 文字 / 残り 902 文字)

同じジャンルのニュース