「消防団活動、財産に」 大館市、看護福祉大生へ認証状

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田看護福祉大の学生に機能別消防団員の認証状が渡された交付式
秋田看護福祉大の学生に機能別消防団員の認証状が渡された交付式

 秋田県大館市はこのほど、機能別消防団員として活動する秋田看護福祉大の学生への認証状交付式を同大で開いた。3年以上継続して取り組んだ4年生9人をたたえ、畠山一則消防長が認証状を手渡した。

 同大では本年度、72人が災害時の避難所運営や応急手当てなどに特化した機能別消防団員として活動。市の防災訓練や出初め式、防災リーダー養成講習などに参加した。市は学生が就職活動などの際に、消防団での活動をアピールできるよう、2016年から認証状を交付している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 382 文字 / 残り 160 文字)

秋田の最新ニュース