新型コロナ警戒、マスク姿で先祖しのぶ 県内の寺院や墓地

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
マスクを着用して墓前に手を合わせる家族=13日午前、能代市二ツ井町の清徳寺
マスクを着用して墓前に手を合わせる家族=13日午前、能代市二ツ井町の清徳寺

 お盆の13日、秋田県内各地の寺院や墓地には午前中から家族連れが訪れ、先祖をしのんだ。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、マスクをして墓前に手を合わせる人の姿が目立った。帰省を見合わせた人からの依頼で、墓参りを代行する業者の姿も見られた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 297 文字 / 残り 177 文字)

秋田の最新ニュース