東証大幅続伸、終値405円高 半年ぶり高値、ワクチンに期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2万3000円台を回復した日経平均株価の終値を示す株価ボード=13日午後、東京・日本橋兜町
2万3000円台を回復した日経平均株価の終値を示す株価ボード=13日午後、東京・日本橋兜町

 13日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、新型コロナウイルスのワクチン開発進展による経済回復への期待を背景に大幅続伸した。終値は前日比405円65銭高の2万3249円61銭で、2月21日(2万3386円74銭)以来、約半年ぶりの高値を付けた。

 終値は新型コロナ感染拡大の深刻化に伴い、3月に大きく下落した後の株価回復過程で最も高い水準となった。2万3000円台を回復したのは約2カ月ぶり。

 東証株価指数(TOPIX)終値は18・62ポイント高の1624・15。出来高は約14億1100万株。