タイでタブーの王室改革要求の声 反政府集会に政権が警告

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バンコク近郊で開かれた反政府集会に参加した学生ら=10日(共同)
バンコク近郊で開かれた反政府集会に参加した学生ら=10日(共同)

 【バンコク共同】タイで続く反政府集会で、これまでタブーだった王室改革を求める声が上がり始めた。学生ら若者中心の参加者は、軍政の流れをくむプラユット政権の退陣や憲法改正に加え、不敬罪廃止なども要求。プラユット氏は「やり過ぎだ」と警告する一方、改憲には前向きな姿勢を示しており、事態の沈静化を図りたい考えとみられる。

 タイでは2月、若者に人気だった野党、新未来党が選挙違反に問われ解党処分になった。学生らの抗議活動は全国に広がり、新型コロナウイルス禍による中断後、7月から本格的に再開した。

 今月10日には、バンコク近郊の大学で大規模集会を開催した。