郵政、豪物流会社の一部売却検討 業績不振続き、自主再建難しく

お気に入りに登録

 日本郵政が、オーストラリアの物流子会社、トール・ホールディングスの一部事業の売却を検討していることが13日分かった。業績不振が続き、自主再建は難しいと判断したとみられる。強化を目指してきた国際物流事業の抜本的な立て直しを迫られそうだ。

 2015年に約6200億円を投じて傘下に収めたトールを巡っては、経営難を理由に17年3月期に約4千億円の損失を計上。トールは新型コロナウイルス流行による取扱量の落ち込みやサイバー攻撃被害で、20年3月期も営業赤字に陥っていた。

 18年にはトールと折半出資で物流会社を日本で新設し、トールが持つノウハウの取り込みを狙ってきた。