コロナ禍、盆の入りは帰省客まばら 墓参りに代行業者の姿も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田空港の到着ロビーでは、県職員が感染対策の徹底を呼び掛けるチラシを配った=13日午前8時50分ごろ
秋田空港の到着ロビーでは、県職員が感染対策の徹底を呼び掛けるチラシを配った=13日午前8時50分ごろ

 お盆の入りの13日、秋田県内の空港や駅では新型コロナウイルス感染拡大の影響で、帰省客の姿はまばらだった。寺では帰省を控えるなどした人から依頼を受けた業者が墓参りを代行する姿も見られ、例年とは違ったお盆となった。

(全文 1109 文字 / 残り 1003 文字)