飾山囃子の一家・下 さらに磨く姉妹の舞

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年のおやま囃子コンクールで息の合った踊りを披露する藤原舞香さん(左)、那美さんの姉妹
昨年のおやま囃子コンクールで息の合った踊りを披露する藤原舞香さん(左)、那美さんの姉妹

 仙北市角館町の藤原舞香さん(21)、那美さん(18)の姉妹は、角館のお祭りに欠かせない飾山囃子(おやまばやし)とともに育ってきた。

 祖父母は、飾山囃子の団体「秋月(しゅうげつ)会」を主宰する藤原勇悦さん(73)とミサ子さん(67)。2人とも2歳で稽古を始め、3歳から曳山(ひきやま)の上で踊っている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 904 文字 / 残り 753 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース