パレスチナ「UAEは裏切りだ」 イスラエル「新しい時代」と歓迎

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヨルダン川西岸で、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交正常化合意の報道を見入るパレスチナ人男性=13日(ロイター=共同)
ヨルダン川西岸で、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交正常化合意の報道を見入るパレスチナ人男性=13日(ロイター=共同)

 【エルサレム、ワシントン共同】パレスチナ自治政府は13日、アラブ首長国連邦(UAE)によるイスラエルとの国交正常化合意は「パレスチナの人々に対する裏切りだ」と非難し、合意撤回を求めた。パレスチナ問題解決を正常化の前提としてきたアラブ諸国の一角が崩れ、イスラエルのネタニヤフ首相は「新しい時代」が来ると歓迎。調印式は米ホワイトハウスで数週間以内に開催される見込み。

 イスラエルとアラブ諸国の平和条約締結は1994年のヨルダンが最後。イスラエルはエジプトとヨルダン以外のアラブ諸国と国交がなく関係正常化を悲願としている。