トランプ大統領、香港情勢を批判 「今の状況、見たくない」

お気に入りに登録

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日の記者会見で、香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で民主派大物の香港紙創始者、黎智英氏が逮捕されたことについて「ひどいことだ」と批判した。「香港の今の状況は見たくない。自由はとても素晴らしいものだからだ」と語った。

 トランプ氏は、国安法施行を受けて、米国が香港を中国本土より経済面で優遇してきた措置を撤廃したため、香港は国際的な競争力を失ったと指摘。「香港に多大な優遇措置を与えていたのは香港に自由があったからだ」と述べ、撤廃の責任は国安法施行を強行した中国や香港政府にあるとの認識を示した。