台湾・李登輝元総統を火葬 「民主の父」市民が見送り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
台湾総統府前を走行する李登輝元総統の遺体を乗せた車両=14日、台北市(共同)
台湾総統府前を走行する李登輝元総統の遺体を乗せた車両=14日、台北市(共同)

 【台北共同】台湾の民主化を成し遂げた李登輝元総統の火葬が14日、台北市で行われた。火葬場に向かう遺体を乗せた車両が総統府周辺などを走行。炎天下、沿道には市民らが集まり「民主の父」を見送った。

 李氏はキリスト教徒のため、火葬に先立ち台北市の教会で家族や近しい友人らによる礼拝が行われた。教会の外に花輪などはなく、生前の李氏や家族の意向に沿って質素に実施されたという。

 車両は警察車列に囲まれて中心街を進み、総統府を囲む道路を1周した。

 葬儀・告別式は別途実施される予定。新北市の五指山にある国軍墓地内に埋葬される案が出ている。