江戸期の角館紹介、町割り400年記念 仙北市の3館企画

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
享保年間と万延元年に作られた町割絵図が並ぶ角館樺細工伝承館
享保年間と万延元年に作られた町割絵図が並ぶ角館樺細工伝承館

 秋田県仙北市は武家屋敷群などの古い町並みが今に残る角館の町割りから今年で400年となるのを記念し、江戸期の角館に関連した資料や美術品を展示する企画展を同市の角館樺(かば)細工伝承館、角館町平福記念美術館、新潮社記念文学館の3館合同で開催している。

 角館の町割りは、関ケ原の戦い後、佐竹氏の秋田入りに伴い領主となった芦名氏が元和6(1620)年に行った。芦名氏は3代で断絶、その後は佐竹北家が治めた。

 企画展は各館でテーマを設定。樺細工伝承館は「町割絵図と角館の学問・江戸期に生まれた伝統工芸展」と題し、享保年間(1716~36年)と万延元(1860)年に作られた町割絵図3枚を展示する。角館に学問の種をまいた漢学者益戸滄洲(そうしゅう)の書画や、樺細工や白岩焼など藩政期に生まれた伝統工芸品も並ぶ。

(全文 723 文字 / 残り 373 文字)