「男鹿日本海花火」の代わりに…市内12カ所で分散打ち上げ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿市内12カ所で打ち上げられた花火=14日、男鹿市船川港船川のOGAマリンパーク
男鹿市内12カ所で打ち上げられた花火=14日、男鹿市船川港船川のOGAマリンパーク

 秋田県男鹿市の市内12カ所で14日夜、花火が一斉に打ち上げられた。新型コロナウイルスの影響で中止となった男鹿日本海花火の実行委員会(会長・菅原広二市長)が実施。それぞれ60発ほどが夜空を彩り、地域住民を楽しませた。一部の花火玉には、地元小中学生が願い事を書いた短冊が貼り付けられた。

 男鹿日本海花火は市内企業や町内会などでつくる実行委が2003年から毎年開催。花火約1万発が打ち上げられ、お盆の帰省客や観光客が楽しんでいた。

 今年は新型コロナで中止となったが、地域を元気づけようと小規模の打ち上げを決定。より多くの市民に楽しんでもらうため、各地区で5分ほど打ち上げる形とした。

(全文 664 文字 / 残り 375 文字)