バスケ、トヨタ自の選手ら辞退 日本代表イベント、感染疑い

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
トヨタ自動車の選手たち=2019年2月
トヨタ自動車の選手たち=2019年2月

 バスケットボール女子Wリーグのトヨタ自動車は15日、国立代々木競技場で16日に開催される日本代表のエキシビションに出場予定だった選手、スタッフら7人が参加を辞退すると発表した。チーム関係者1人に新型コロナウイルス感染の疑いがあり、濃厚接触者となる可能性があるため。

 辞退するのは長岡萌映子、馬瓜エブリン、三好南穂、永田萌絵、馬瓜ステファニー、山本麻衣の6選手と、スタッフの大神雄子さん。

 感染疑いのある関係者は14日にPCR検査を受けた。