能代、由利本荘保健所管内で計2人の感染確認 新型コロナ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新たな感染者を確認したと発表する県の会見
新たな感染者を確認したと発表する県の会見

 秋田県は16日、能代保健所管内の20代女性会社員と由利本荘保健所管内の30代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者数は計42人となった。

 女性は東京に居住していた。13日に仕事で滞在中の仙台市で発熱、下痢、腹痛などの症状を訴えた。15日にPCR検査を実施し、家族の車で能代保健所管内の実家に移動。16日に陽性が判明した。7月に東京で一度陽性が判明し、都内で療養を終えていた。濃厚接触者は同居家族2人。

 男性は、13日から倦怠感や発熱があり、16日に遺伝子検査を実施し陽性が判明した。濃厚接触者は同居家族2人。感染経路は調査中。

秋田の最新ニュース