クマ、また子牛を食い殺す? 鹿角市の牛舎で2度目食害

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 17日午前4時半ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯字戸倉の牛舎で子牛1頭(約16万円相当)が食い殺されているのを所有者の60代男性が発見した。現場にはクマのものとみられるふんが残されていた。同じ牛舎では11日朝にもクマによるとみられる子牛1頭の食害が発生している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 296 文字 / 残り 166 文字)

秋田の最新ニュース