地方点描:特別な夏[湯沢支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスの影響により、湯沢雄勝地域でも行事が次々と中止になり、いつもとは違う夏を経験している。しかし、それに代わるさまざまな試みがあり、企画した住民らのパワーを改めて感じることができた。その意味でも「特別な夏」である。

 湯沢市の伝統行事「七夕絵どうろうまつり」(8月5~7日)の中止を受け、地元商店街は絵灯籠25基を店舗前に設置した。本番の150基には及ばないが「あるべき湯沢の夏の風景」に、ほっとした市民は多かった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 638 文字 / 残り 423 文字)

西馬音内盆踊りの関係者の思いを紹介しています

秋田の最新ニュース