滴:移ろい(上)「俺の集落は、消えた」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨秋、最後に収穫した田の前に立つ加藤さん。今は草に覆われている
昨秋、最後に収穫した田の前に立つ加藤さん。今は草に覆われている

 世の流れが川だとすれば、水の一滴一滴は一人一人の人生。「滴の中の物語」を刻むため、秋田で暮らすさまざまな人に会いに行く。

 ◇  ◇

 <米作り、やめました>

 こうつづられた投稿が今春、本紙宛てに届いた。送り主は三種町上岩川字小出の加藤松悦(しょうえつ)さん(87)。

 〈悩む毎日です。先祖代々の土地を荒らさず耕作してきたのに、私がここでやめること、心が痛みます〉

 7月上旬、加藤さん宅を訪れた。なぜ米作りをやめたのか。農家としての歩みと思いを、聞きたかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1638 文字 / 残り 1409 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース