国会、テレワーク導入検討も 大島議長、コロナ悪化で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大島理森衆院議長
大島理森衆院議長

 大島理森衆院議長は19日、新型コロナウイルスの感染状況がさらに悪化した場合の国会対応として、テレワークやタブレット端末などの情報通信技術(ICT)の導入を検討していると明らかにした。TBSのCS番組収録で「異常事態が生じた場合は活用を考えないといけない」と述べた。

 一方、現時点ではそこまでの異常事態には当たらないとして、これまで通り出席議員数の抑制などの対応を続ける考えを示した。野党が求めている臨時国会の召集については「今は閉会中審査をやっている」と述べるにとどめた。