地方点描:平和への願い[鷹巣支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 漫画「はだしのゲン」作者の故中沢啓治さんが残した詩「広島 愛の川」には、平和を願う心を世界に広めたいとのメッセージが込められているという。被爆者でいっぱいになった川を原爆の象徴として表現し「語ろうよ 川に向かって 怒り 悲しみ 優しさを」とつづった。

 この詩にメロディーを付けた歌の動画が、広島原爆の日の6日夜から配信されている。3番では、北秋田市の「浜辺の歌音楽館少年少女合唱団」が登場する。国内外の子どもたちやプロの歌手らが個別に収録し、同合唱団は本県から唯一参加。清らかな歌声を響かせている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 620 文字 / 残り 370 文字)

秋田の最新ニュース