ずっとラグビー続けてね、秋田NBの中学生にジャージー贈る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ジャージーに袖を通し記念撮影を行う中学生ら
ジャージーに袖を通し記念撮影を行う中学生ら

 秋田県内で自動車学校などを経営する協業組合三交モータース商会(秋田市)は19日、社会人ラグビーの秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)の「ジュニアアカデミー」に、中学生の試合用ジャージー25着を贈った。

 アカデミーは県内のラグビー人口増加につなげようと、今年4月から本格的に始動。現在は小学生64人、中学生10人が在籍し、市内のグラウンドなどで週2回練習を行っている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 591 文字 / 残り 409 文字)