佐賀の20代男性感染、新型コロナ 出張先の秋田市で判明

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は20日、佐賀県から出張で市内を訪れている20代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染者は45人目。

 市によると、男性は17日に佐賀県を出発。飛行機で宮城県に移動した後、新幹線で秋田市に入った。18日は市内で仕事をし、19日は38・5度の発熱があったため滞在先のホテルで休んだ。20日にコールセンターを通じて市保健所に相談し、PCR検査で陽性が判明した。

 21日に入院する方向で調整している。重症化はしていない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 402 文字 / 残り 179 文字)

秋田の最新ニュース