田沢湖高原リフト、2期ぶり赤字 コロナで利用者が激減

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県の第三セクター・田沢湖高原リフト(仙北市、東海林文和社長)の株主総会と取締役会が21日、秋田市のアキタパークホテルで開かれ、赤字となった2020年5月期決算を承認した。新型コロナウイルスの影響で、運営するたざわ湖スキー場(仙北市)と県立田沢湖スポーツセンター(同)の利用者が大幅に減少し、2期ぶりの赤字になった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1019 文字 / 残り 858 文字)

秋田の最新ニュース