遠い風近い風[小玉節郎]新書の時間割

会員向け記事
お気に入りに登録

 「新書」をよく読む。大手出版各社の新書は、その道の専門家が各自の得意分野について分かりやすく説く小型本。携わる分野の興味深い点、面白いところを起承転結として語った数回分の講演を一冊にした感じである。実際そういう新書も多い。

 さて、不勉強の上に大学中退の私は専門的に研究した分野を持たない。知識教養に欠けるということで、専門分野を持つ人の新書をむさぼるように読んだ時期があった。そして「新書はいいゾ」と思った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1221 文字 / 残り 1016 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース