立・国合流新党結成受け、県連同士も合流へ

会員向け記事
お気に入りに登録

 国民民主党が立憲民主党との合流新党結成を決めたことを受け、国民県連は21日、秋田市山王の県連事務所で常任幹事会を開き、県連同士も合流する方針を確認した。立民県連との今後の協議は、緑川貴士代表(衆院比例東北)と藤田信幹事長(秋田市議)に対応を一任した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 330 文字 / 残り 204 文字)

秋田の最新ニュース