大館鳳鳴高出・関本400メートル障害V、セイコーGP陸上

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【女子400メートル障害】ハードルを越える関本=国立競技場
【女子400メートル障害】ハードルを越える関本=国立競技場

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリは23日、東京・国立競技場で行われ、女子400メートル障害で関本萌香(早大3年、大館鳳鳴高出)が57秒51で優勝した。

 女子800メートルで広田有紀(新潟アルビレックス、秋田大出)が3位、同3000メートル障害で三浦佳奈(東北福祉大4年、明桜高出)が10位だった。

 来夏の東京五輪の会場となる国立競技場では今回が初の本格的な陸上競技会で、新型コロナウイルス感染防止のため無観客で行われた。

(全文 583 文字 / 残り 370 文字)