わらび座に「イーハトーブ賞」 東北の心、演劇で伝える

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
わらび座にとって初の賢治原作のミュージカル「銀河鉄道の夜」=2004年、わらび劇場(わらび座提供)
わらび座にとって初の賢治原作のミュージカル「銀河鉄道の夜」=2004年、わらび劇場(わらび座提供)

 秋田県仙北市の劇団わらび座が、作家宮沢賢治の精神に基づいた活動に取り組む人や団体を顕彰する「イーハトーブ賞」を受ける。賢治の童話や東北の歴史・文化を題材に演劇活動を続けている点が評価された。贈呈式は9月22日に岩手県花巻市で行われる予定。

 イーハトーブ賞は、賢治の古里である花巻市が1991年に創設し今回が30回目。同市の諮問を受けた宮沢賢治学会イーハトーブセンター(同市)が選考委員会を設置して選ぶ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 840 文字 / 残り 638 文字)

秋田の最新ニュース