特殊詐欺・受け子の証言(3)引き出し・送金、都度連絡

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
受け子の男は指示役から聞いた暗証番号を打ち込んでATMから現金を奪った(写真と本文は関係ありません)
受け子の男は指示役から聞いた暗証番号を打ち込んでATMから現金を奪った(写真と本文は関係ありません)

 特殊詐欺の受け子となった男は、東京のJR西立川駅近くに住む女性から奪ったキャッシュカードを手に、一駅都心寄りの立川駅に移動した。

 指示通り公衆トイレの個室に入って券面をスマートフォンのカメラで撮影し、詐欺グループ側に送った。

 男が確実にカードを奪ったこと、そして、だましの電話をかける「かけ子」が女性から聞いた話に間違いがないことを詐欺グループが確認するための作業だ。

 男は送信後すぐ、さらに指示を受け立川駅とつながった商業ビル「ルミネ立川」内にある現金自動預払機(ATM)に向かい、現金を引き出しにかかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1059 文字 / 残り 803 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース