プロ野球志望の練習会に118人 大阪桐蔭の西野らエントリー

お気に入りに登録

 日本野球機構(NPB)は24日、プロ野球を目指す高校3年生を対象に日本高野連と共催する「プロ志望高校生合同練習会」に参加予定の118選手を発表し、甲子園交流試合に出場した大阪桐蔭の西野力矢三塁手や高崎健康福祉大高崎(群馬)の下慎之介投手、攻守で評価の高い近江(滋賀)の土田龍空遊撃手らがエントリーした。

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの大会が中止となったため、選手にプロのスカウトらに実力をアピールする機会を提供する。西日本の練習会は29、30日に甲子園球場、東日本は9月5、6日に東京ドームで行われる。

 ドラフト会議は10月26日に開催される。