中止の一日市盆踊り、田んぼアートで鮮やかに再現 八郎潟町

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
一日市盆踊りの踊り手やはやし方を表現した田んぼアート
一日市盆踊りの踊り手やはやし方を表現した田んぼアート

 秋田県八郎潟町浦大町にある、塞ノ神農村公園の田んぼアートが見頃を迎えている。5年目となった今年の絵柄は、毎年8月18~20日に開かれている町の伝統行事・一日市盆踊り。約1.2ヘクタールの広さに絵柄が浮かび上がっている。

 今年は新型コロナウイルスの影響で一日市盆踊りは中止となった。田んぼアートを主催する町地域振興協議会(金一義会長)は「町外でもさまざまな行事がなくなり寂しい夏だが、田んぼアートを見て楽しんでもらいたい」としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 454 文字 / 残り 237 文字)

秋田の最新ニュース