齋彌酒造店と東北日本電産サンキョー、ものづくり中核企業に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹知事(中央)から表彰状と認定証を手渡された齋彌酒造店の齋藤社長(右)と、東北日本電産サンキョーの三浦社長
佐竹知事(中央)から表彰状と認定証を手渡された齋彌酒造店の齋藤社長(右)と、東北日本電産サンキョーの三浦社長

 秋田県は24日、技術力向上や事業拡大、雇用創出により本県産業の活性化に貢献したとして、齋彌酒造店(由利本荘市)と東北日本電産サンキョー(同)を「秋田県ものづくり中核企業」に認定した。認定企業は今回を含め計36社になった。

 県は2010年度から、ものづくりで地域経済をけん引する企業を育成するための助成事業を実施。これまでに77社に技術開発や設備投資に要する費用を助成してきた。昨年度から助成企業を対象に、県が定める売上高や雇用人数などのうち、1項目でもクリアした企業を中核企業に認定している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 728 文字 / 残り 481 文字)

秋田の最新ニュース