和牛希少部位カッパをつくだ煮に、焼肉店とのコラボ第2弾

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
千田佐市商店と日野が共同開発した「カッパの佃煮」
千田佐市商店と日野が共同開発した「カッパの佃煮」

 つくだ煮製造の「千田佐市商店」(秋田県潟上市)と焼き肉店などを展開する「日野」(横手市)は、和牛の希少部位を使用した「カッパの佃煮(つくだに)」を共同開発した。

 カッパの佃煮は50グラム入り、税抜き500円。両社のオンラインショップ、千田佐市商店の店頭、道の駅しょうわで販売中。問い合わせは千田佐市商店TEL018・877・3208

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 368 文字 / 残り 201 文字)

秋田の最新ニュース