時代を語る・鷲澤幸治(29)恩師らの来園に感謝

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ダリア園近くの「観光交流館ヴィラ・フローラ」で販売している球根
ダリア園近くの「観光交流館ヴィラ・フローラ」で販売している球根

 ダリア園には33年間、いろいろな人に訪れてもらっている。

 初期の頃から何年も続けて来てくれたのが、中学時代の恩師子吉光夫先生。奥さんとお子さんを連れて、常に差し入れのおにぎりとおかずを持ってきてくれてね。俺もダリア園に寝泊まりし、腹をすかせて頑張っている時だったから毎回感激した。

 高校の時の先生も何人か来てくれた。先生が名乗っても思い出せず、俺たち生徒が付けたあだ名を言ってくれて初めて分かったこともあってね、だいぶ失礼をしてしまったよ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 755 文字 / 残り 534 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース