景勝地・露熊山峡復活へ支援の輪 北秋田、出身者や地元企業

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
景観整備に協力した、露熊集落出身の中島さん
景観整備に協力した、露熊集落出身の中島さん

 かつて景勝地として知られた秋田県北秋田市阿仁の「露熊(つゆくま)山峡」で、地元の有志が取り組む周辺の遊歩道修復などに支援の輪が広がっている。かつて露熊に住んでいた市民や、地元の建設会社が協力を申し出、草刈りや車道の確保を着々と進めている。

 旧荒瀬小学校の同級生ら有志でつくるグループ「荒瀬かだまり」(佐々木修会長)が「露熊プロジェクト」を立ち上げ、山峡を再び人が訪れる場所にしようと計画。7月19日に初の作業を行った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1062 文字 / 残り 852 文字)

秋田の最新ニュース