特殊詐欺・受け子の証言(4)ツイッターが入り口に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男はツイッターで≪#高額日給≫と打ち込んで検索するなどして特殊詐欺グループとの接点を持った(写真と本文は関係ありません。写真は一部加工しています)
男はツイッターで≪#高額日給≫と打ち込んで検索するなどして特殊詐欺グループとの接点を持った(写真と本文は関係ありません。写真は一部加工しています)

 地元の中部地方で勤めていた会社を辞めて上京し約1年、男は金に困っていた。

 ピザ配達のアルバイトの給料は、どんなに頑張っても月15万円ほど。家賃や光熱費、食費を賄いきれず、貯蓄を切り崩していく生活に陥っていたという。

 2018年9月22日に「受け子」として初めて特殊詐欺に加担する少し前、男はツイッターで≪#高額日給≫と検索し、割のいい仕事を探した。続いて≪稼げる仕事を紹介してください≫とツイート。午後9時ごろのことだったという。

 たちまちダイレクトメッセージ(DM)が15通ほど寄せられた。≪稼げるバイト紹介します≫≪詳しくはDMで≫

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1067 文字 / 残り 798 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース