個性豊かなアマビエがお出迎え 由利本荘市のカフェ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県由利本荘市岩渕下のカフェ「カトルセゾン」の前に、疫病をはらうという言い伝えのある妖怪「アマビエ」の絵が描かれた6個の石がお目見えし、来店者の目を楽しませている=写真。

 石は店を切り盛りする村松大地さん、寛子さん夫婦に経営面の指導をしている前オーナーの堀内憲二さん(71)が、お盆期間中に鳥海山麓へドライブに行った際に見つけ、持ち帰った。絵は村松さん夫婦と協力して描き、17日から店の前に置いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 315 文字 / 残り 114 文字)

秋田の最新ニュース