モンベルと県、一緒に野外活動推進 包括連携協定を締結

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
協定書を手にするモンベルの辰野会長(右)と佐竹知事
協定書を手にするモンベルの辰野会長(右)と佐竹知事

 秋田県美郷町に直営店をオープンするアウトドア用品大手モンベル(大阪市)と県は26日、県民のアウトドア活動の推進を目的とした包括連携協定を結んだ。今後、キャンプや登山といった自然を体験するイベントを企画し、健康増進や生きがいづくりなどに取り組んでいく。

 協定は▽地域の魅力発信やエコツーリズムによる地域経済の活性化▽自然体験による健康増進▽農林水産業の活性化―などでの連携を盛り込んでいる。モンベルは協定に基づき、美郷町の直営店に県の真木真昼県立自然公園ガイドブックを置くほか、通信販売で県産品を取り扱うことも計画している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 463 文字 / 残り 201 文字)

秋田の最新ニュース