滴:父と暮らせば(下)戦地の記憶を背負い

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
実家の鉢植えに咲く花。父と暮らし始めてから、秋江さんが植えた
実家の鉢植えに咲く花。父と暮らし始めてから、秋江さんが植えた

 子どもの頃、父(99)はとても厳しかった。娘の秋江さん(69)=仮名、県内=が叱られるたび、母は慰めるようにこう言った。「父さんは、軍隊でやってきた人だがらな」

 「父が戦争に行った、軍人だったということはもちろん知っていました。でも、父から戦争の話を聞いたことはありませんでした」

 母の介護のために県内の実家へ帰り、父と暮らして7年。秋江さんはその7年で、知らなかった父の一面を知った。

 それは、軍人としての父だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1463 文字 / 残り 1255 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース