「コロナ影響あり」8割、大館商議所調査 売り上げ減深刻に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県大館市の大館商工会議所は、会員事業所に7月行った新型コロナウイルスの経営への影響調査の結果を明らかにした。216事業所のうち79.2%の171事業所が「影響がある」とし、受注や売り上げの減少を挙げた。同商議所は「コロナの長期化で経営への影響が深刻化していることが分かった」とし、支援策を講じる方針。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 771 文字 / 残り 618 文字)

秋田の最新ニュース