クラスターのJR秋田バスケ部 支社長、練習試合実施を陳謝

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR秋田支社(資料写真)
JR秋田支社(資料写真)

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したJR東日本秋田バスケットボール部ペッカーズが、発熱した選手がいる中で秋田県外のチームと練習試合を行ったことについて、木村英明秋田支社長は27日の定例会見で「もう一段慎重に判断すべきだった。大変申し訳なく思っている」と陳謝した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 471 文字 / 残り 330 文字)

秋田の最新ニュース