動物も夏バテ? 扇風機や飲み水に塩分…大森山、対策工夫

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
エアコンが効いた屋内展示場でくつろぐレッサーパンダ
エアコンが効いた屋内展示場でくつろぐレッサーパンダ

 連日の厳しい暑さは、人間だけでなく動物にも影響を及ぼしている。秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)では飼育している約100種類の動物を暑さから守ろうと、水辺近くで過ごさせたり、水分補給に工夫を凝らしたりとさまざまな対策を取っている。

 同園によると、夏は暑さによって体力を消耗しやすく、動物によっては食欲が落ちるほか、熱中症になる。寒冷地が原産の動物は、特に暑さに弱い傾向がある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 731 文字 / 残り 535 文字)

秋田の最新ニュース