比内地鶏で街を元気に! 大館桂桜高、2日限定でカフェ開店

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「桂桜カフェ」に向け、生徒らが清掃と内装を行い、明るい雰囲気の空間にした空き店舗
「桂桜カフェ」に向け、生徒らが清掃と内装を行い、明るい雰囲気の空間にした空き店舗

 大館桂桜高校家庭クラブの2年生9人が料理の腕を振るう「桂桜カフェ」が9月5、12の両日、秋田県大館市の大町商店街近くにある通路・ハチ公小径(こみち)に登場する。新型コロナウイルスの影響で多くの人が集まるイベントが中止になる中、地元の街を活気づけようと学校が企画。需要が落ち込んでいる同市産の比内地鶏をふんだんに使ったメニューを1日限定50人に提供する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 866 文字 / 残り 689 文字)

秋田の最新ニュース