菅氏「ポスト安倍」候補の一人 湯沢市出身、たたき上げ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する菅官房長官=28日午前、首相官邸
記者会見する菅官房長官=28日午前、首相官邸

 「ポスト安倍」候補の一人として名前が挙がる菅義偉官房長官(秋田県湯沢市出身、衆院神奈川2区)は「たたき上げ」の政治家として知られる。

 旧雄勝町の農家の長男として生まれた。湯沢高卒業後に上京し、アルバイトで学費を稼ぎながら法政大を卒業。横浜市議を経て1996年に衆院議員に初当選し、現在8期目。こうした経歴から「苦労人」「たたき上げ」というイメージが浸透している。

 秋田県出身者として初の首相誕生を期待する声もある。佐竹敬久知事は28日、「県民の一人として、秋田出身の総理を望む気持ちがある。農村部、過疎地域のことを具体的に体験しており、弱い人の立場も分かる方。地方育ちという点を踏まえ、期待したい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 833 文字 / 残り 528 文字)

秋田の最新ニュース